石崎アルミ窓建株式会社

お知らせ

会社概要

町のサッシ屋さん

弊社は、いわゆる町のサッシ屋さんです。
昭和45年に夫婦で創業してからずーっと久安でお仕事させていただいてます。
アルミサッシやガラス窓のリフォーム、割れ換え、カーポートやフェンス工事もお任せ下さい。
窓だけでなく、お家のなか、外、ご町内の困った!!を解決いたします!

こんな事やってます!

自宅住居の塀を40年ぶりにリニューアルしました! カーポートも施工いたします。

サッシ屋のささやき

ひっそりと使われている細かな部品たちをご紹介。
普段目にしていても、その製品名まではあまり知られていないものです。
戸車|戸車といってもメーカーや年代、窓や戸の種類によっていろいろです。よく似ていてもサイズが違ったりします。 クレセント|窓の内側にかけるカギのことをクレセントと呼んでます。これもメーカーや年代で様々です。 オペレーターハンドル|羽ガラス(ルーバーとも呼ぶ)や回転窓を開け閉めするときの部品です。重くて開け閉めが大変になることも…これもまた種類が豊富です。 握り玉錠|ドアにつくノブです。お風呂場では水気のせいでよく錆びるところ。錆びて回らなくなって閉じ込められる前が交換時期。これはありがたいことに複数のタイプに合うものがあって助かります。全てではありませんがレバーハンドルに取り換えることも可能です。 ドアクローザー|ドアの自閉器をクローザーと呼んでます。弊社の社長など昔のひとはドアチェックとも呼ぶそうな。玄関や勝手口のドアに油が垂れていたり、勢いよく閉まるなどの症状があるときは交換がお勧めです。 ガラス|ガラスには透明でも厚みの違いがあります。写真は3㎜と5㎜、腰から上の窓には3㎜、床からの窓には5㎜がよく使われることが多いです。 型ガラス・スリガラス|左側が型ガラスと呼ばれています。昔は模様入りがあったのですが、今は「初霜」と呼ばれる露がついた模様だけしかありません。右側は乳白色のように見えるスリガラスと呼んでます。片面がざらざらした感触です
お問い合わせはTEL076-242-0055